メインバナー

DCTMダイチャレ東北ミーティング2017第1戦(5/28)終了!
公式リザルト公開続けて公式ギャラリーも公開!
次回は9/2(土)第2戦ナイター!8/2受付開始です!

「DCTMカフェ2016公式ギャラリー」「DCTM2016第2戦ナイター公式ギャラリー」
【その他過去の公式ギャラリー、レポート、リザルト「DCTM公式リザルト/レポート」

その男、ワッキー貝山につき

ワッキー貝山絶叫!

DCTMダイチャレ東北ミーティングの元となった「ダイハツチャレンジカップ東北戦」には、一人の伝説のDJがいた。

2000年のダイチャレ東北戦に忽然と現れ、

「何だあの生意気な奴は?毒舌にもほどがある!」

「ワッキー貝山?知らねーぞそんなヤツ?」

などとアレコレ言われながらも、軽妙なアドリブと重厚な毒舌、そして主催者トラブルによりどうしても生ずる「間」で参加者やギャラリーを飽きさせないどころかキリキリ舞いさせる話術!

たちどころに来場者全てのハートをつかんだ彼は、その後ダイチャレ関東戦にも進出し、2008年のダイチャレ終了まで活躍し続けたのであった・・・・

最後の方は参加者アンケートでワッキーいじりが始まると

「うるさいな!お前なんか転倒してしまえ(笑)!」

と、モータースポーツイベントにあるまじきMCはある意味伝説。


本当はダイチャレ2008年シーズンの最後、ダイチャレ沖縄第2戦でもMCを予定しており、終了後に主催のDCCSの面々とゴルフをするのを楽しみにしていたのだが、それを待たずにダイチャレ終了。

失意の2009年シーズンを迎えていたワッキー貝山に、秋のある日電話がかかってくる。


?「ワッキーよぉ、なんか東北でダイチャレ再開しようって奴がいるらしいんだよ。オマエ、行ってやれよ?」


DCCSメカニックにして、ダイチャレのコース委員長だった阿部さんからのメッセージに応え、DCTMプレイベント「DCTM2009」にワッキーは立つ。

「お前ら!ダイチャレが帰ってきたぞぉー!!」

ダイチャレMC・ワッキー貝山の伝説はまだまだ終わらない・・・


ワッキー貝山ナイター前に絶叫!

「2015年に"笹谷部"が主催となっても、もちろんDJはワッキー貝山!
みんなよろしく頼むぜ!
ワキワキワッキー!コスモスの本買えよ!!」

ページの先頭へ戻る

DCTMメインMC・ワッキー貝山 略歴

ワッキー貝山焼肉で絶叫!

本名:貝山 和季(かいやま わき)

1970年7月25日宮城県仙台市生まれ。

育英学園高等学校・東北学院大学卒。

1990年に「劇団麦」に入団して役者デビューしたのを皮切りに、1994年吉本興業の「銀座7丁目劇場」の芸人オーディションに合格してタレントとしての道を歩み始める。

現在は在仙フリーローカルタレントとして主に南東北3県(宮城・福島・山形)のTV・ラジオ・イベントに出演するかたわら、趣味で収集していたガチャガチャ「コスモス」の知識を活かして「ガチャガチャ芸人」として全国デビュー。

書籍「愛しのインチキガチャガチャ大全~コスモスのすべて」が意外なヒットとなり、第二弾「素晴らしきインチキガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に」は「季刊ルポ」の「笑う本棚大賞」を受賞した。

なお、お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーとは別人で、名乗ったのはワッキー貝山の方が先。

最近はガチャガチャ芸人のイメージが強いが、J-POPSを中心とした邦楽の収集と研究にも熱心。


ワッキー貝山コスモス本を買えと絶叫!

ダイチャレ東北戦には仙台放送のアナウンサーから引き継いで2000年からMCに就任し、2010年からは後継イベントの「DCTMダイチャレ東北ミーティング」のメインMCを務める。

ダイチャレ~DCTMを通じて参加者から愛されており、走りを楽しむというよりワッキーに会いたくて参戦する人も。

DCTM時代になってからは参加者から半強制的に助手席に乗せられての「体当たり同乗実況」も名物。

もちろん毒舌も健在だが、最近は何かにかこつけて自著の宣伝をする事が多い。


実母の店「侘び助」は名物のセリ鍋が大好評の有名店。

ページの先頭へ戻る
Copyright(c) 2015 DCTM All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com